パップテスト(子宮頸がん検診)が変更されています

パップテスト(子宮頸がん検診)が変更されています

オーストラリアでの子宮頸がん検診は2017年12月以降改正されています。

これまでの18歳から2年ごとの検査から、25歳から5年ごとに受ける新たな検診になりました。

新たな検査項目として従来の子宮頸がんの異形成だけでなく、HPVの検査もされます。

最後の検査を改正前に受けて、まだ新しい検査を受けていない方はまずは従来通り2年後に改正された検査を受けてください。

特に異常がなければ、それ以降から5年ごとの検査になります。

Medicareカードをお持ちの方は無料で受けられる検査です。

詳しくは添付のインフォメーションシートでご確認ください。

カテゴリー:未分類
2019年08月15日10:42 AM