前回の記事のあまりの斬新さに諸先輩方より無言のお叱りを受けたが、当の本人は反省するどころかいつかまたやってやろうとさえ考えている。

私の人生の重点実施項目のうちの一つに「タブーへの挑戦」があるが、そういった意味では非常に意義のある記事であったと自負している。

解っていただけるファンがいる限り世間に媚を売るような記事は書くまいと改めて心に誓った。

ファンといえば、先日GC日本人会の新理事と任期を終えられた理事の方々のための歓送迎会があったのだが、たまたま私の隣に座ったご婦人が

「あのウキウキの方ですよね」とその目を輝かせて声をかけてきた。

右手にはボールペン、左手には紙を持っていたので私はすぐにピンときた。

本来であれば私の方から「サインしましょうか?お名前は?」とでも助け舟を出せばよかったのだが、これは文壇デビューをして間もない私の不徳の致すところである。

相当緊張していたのであろう、何を思ったかそのご婦人、自ら持っていた紙に「ちらし寿司」と書いてしまった。

そのご婦人にはとても同情したが、これも鬼才がゆえの宿命なのであろう。

ところで前回の記事から少し間が空いてしまったが、その間に我が家に新しい家族が加わったのでここで紹介させていただきたい。

ココちゃん。よろしくね!
image001

こんなかわゆいお顔だが、れっきとしたオスである。

実は先日去勢手術をしたのだが、本当に手術が成功したのか?という疑惑があがっていた。

というのも、犬をお飼いになられている方ならお分かりになると思うが、マウンティングいわゆる腰振りが去勢後も治らなかったのである。
image003

検索サイトヤフーで調べたのだが、どうやらマウンティングとは性的な意思表示ではなく一種の喜びの表現だということが明らかになり少しホッとしているのだが

そのマウンティングの正しい意味を調べる前にその事件は起こってしまった。

先日、家族みんなで夕食の際中にココちゃんのマウンティングが始まった。

そして、次女が「パパ〜ココちゃん何してるの〜?」と直球の質問をぶつけてきたのだ。

私はその質問にはあえて答えずなおも食事を続けた。

その場はあやふやに経過し、内心ホッとしていたところ、しばらくして今度は長女が「パパ〜ココちゃん何してるか教えてよ〜」と言ってきた。

しかし、その時長女の顔に一瞬意地悪な笑みが浮かんだのを見逃さなかった。

「おまえ…もしかしてオレを試してるのか!」私は心の中でそう叫んだ。

GC日本人会屈指の論客として知られる私だが、さすがにこの時ばかりは言葉が出ず、斜め向かいに座っている妻に目で助け舟を求めたが、一瞬目が合って申し訳なさそうな表情を浮かべた後に下を向いて味噌汁をすすり始めた。

そんな私たちをあざ笑うかのように、さらに執拗に聞いてくる長女にとった私の行動とは…

ニヤニヤしながらその場を去るというものであった。

父として決して許されざるこの愚行をいつか謝罪する日も来るであろう。

そして、わからないことがある時は常日頃、検索サイトヤフーでの情報アップデートを怠ってはいけないと心底反省したのであった。

さて今回は、このような事態によりぎくしゃくした家族だんらんに、再び明るさを取り戻すことができるオススメのレストランをご紹介しようと思う。

家族だんらんの食事といえば、家族みんなが顔を合わせ笑顔と会話が絶えることのないかけがえのないひと時である。

そして、そんな上質な時を演出する必須アイテムといえば丸テーブルである。

丸テーブルといえば中華、大人も子供も楽しめる中華といえば飲茶である。

しかし、昨今の健康ブームの影響もあり、お子さんの口にするものにも気を使っている親御さんから中華はMSGが心配という声をよく耳にする。

そして、今回ご紹介する飲茶はなんと中華料理の味の決め手ともいうべき MSGを一切使わないという、ある種のタブーに挑戦した孤高のプライドを持つレストランなのである。

場所はロビーナショッピングセンターから車で5分ほどの閑静な住宅街にあるDIM SUM DELIGHT。
image005

中華料理店によくありがちなエントランスの大げさな感じは一切なく、街角の洒落たカフェのような佇まい。

確かにMSG不使用のサインも。

と同時に中国語でMSG=味精という豆知識もゲット。人生日々勉強である。
image007

この日は重要案件が山積みの定例理事会を終えた後だったため、非常にナーバスな状態でここを訪れたのだが、丸テーブルのおかげでご覧の通り誰一人笑顔を絶やすものはいない。
image009

では肝心の飲茶をダイジェストでどうぞ。

image011
image013
image015
image017
image019
image021

味の方は…

おそらくMSGを使っている。
…のではないかと疑いたくなるほどうまい!

そしてなにより笑顔と会話が絶えない!

帰りにSuper Amart に丸テーブルを買いに行こうかとさえ思わせるほど丸テーブル効果の凄さを思い知らされた。

まさに中国四千年の歴史がなせる技である。

是非天気の良いランチタイムにここに来ていただき、外のテラス席でお試しいただきたい。

ご家族みんなが幸せな気分になれること間違いなし!

おわり。

味:   ★★★★☆ 4
コスパ: ★★★★☆ 4
サービス:★★★☆☆ 3
総合:  ★★★★☆ 4

DIM SUM DELIGHT
Address: Shop 5, 217-219 Ron Penhaligan Way, Robina
Phone: (07) 5593 1298

このブログはフィクションです。実在の人物、団体などとは関係ありません。また、内容を一切保証するものではありません。

カテゴリー:uki uki 情報
2015年07月06日9:36 AM

あ〜だめだ。今にも落ちそうだ。

ツイードヘッドを抜けてやっとポッツビルに差し掛かったところで急激な眠気が襲う。

早朝にバイロンベイを出て、今日はもうかれこれ3時間は運転している。

今となってはどうして突然サニーバンクに行こうと思い立ったのかはっきりと思い出すことができない。

そもそも昨日サーファーズでウキウキ取材を行ったばかりなのに、今日また片道2時間をかけてラーメンを食べに行くという行為自体が果たして馬鹿げたことなのかどうかについてはこの際どうでもいい。

ただ一つ問題なのはウキウキレポートのネタが思いつかないという事実。

何故こんなスランプに陥ってしまったのか?

おそらくだが…

理事のみんなの優しさが裏目に出たのだと踏んでいる。

みんな気を使ってちょっと面白いことがあると、

「これウキウキのネタにいいんじゃない?」

などと情報提供を惜しまない。つくづく心優しい方々だなと感心する。

しかし、何を隠そう私はAB型、しかも「AB型 自分の説明書(文芸社)」のチェック項目ではほぼ完璧に当てはまる生粋のニュータイプ。

またの名を「究極のあまのじゃく」。

言われたことを素直にインプットアウトプットできるようには私のDNAはプログラミングされてはいない。

そしてやはり、生粋のニュータイプまたの名を究極のあまのじゃくとしては、人と違うことをすることによってでしか自分の価値を見いだすことができない、という不器用な自分に酔っている。

という自己設定を今更変えるわけにはいかない。

そもそもAB型は900年前には存在すらしていなかった。

さらに未だにその出現理由がわからないことから「謎の民」とされている。

何を隠そう、私の妻もAB、子供もAB、すなわち家族全員が ABという世界的に見てもカオスな環境に置かれている。

そしてそのニュータイプであるというプライドが、私の平常心をかき乱しているのかもしれない。

まぁ、これも選ばれしものの宿命か…(はい、昔から敵を作るタイプです。)

いつも通り前置きが長くなってしまったが、要するに私はスランプに陥ってしまった。

ただし、AB型のスランプというのはそれほど深刻なものではなく、そうなったときの対処法をスランプに陥る前から用意しているのもAB型である。

基本に帰る。これ以外にない。

私の基本になるもの、それはリサーチ力である。

私の情報ソースは非常に多岐にわたるが、その中でも一番頼りにしているソースは、何を隠そう2ちゃんぬるとヤフーである。

で、今回はその筆頭情報ソースとも言える2ちゃんぬるを駆使して、誰もやったことのないであろうウキウキリポートをやってみようと思う。

以下、ウキウキレポート本文。

さぁ、第4回GCウキウキグルメ探訪はサ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ファ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ズパラダイスはンウルの、麓、モスバ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ガ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!タソ♪の、オー隣にあるあるwwwGreek Street Grill タソ♪に逝ってキマスタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
image001

何を隠そうん●ーーー!日本人会事務の、N子タソ♪オー墨付き━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

(`A´) 、 マズー!!ペッ!!はずがねーよwwwwww━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

中はこんな感ぢ。カジュアルDE開放的。ちなみに最初にレジに並んDEオ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ダ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!するおっ(^ω^)形式でつ。
image003

image005

まずは恒例の、乾杯━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!初秋の、渇Σ(゚Д゚ υ) イタ!!空気(←なぜか読めないにビ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ルが染みるぜぃ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

image007

…ってはぁはぁ…さすがに突っ走りすぎた…

みんなの冷めた視線が突き刺さるのを痛いほど感じる。

が、もう引くに引けないところまで来てしまった。

こんな記事書いといて、次回の理事会に何食わぬ顔して出席している自分を想像するだけで、冷たい汗が噴き出してくる。

だがもう遅い。今更引くわけにはいかぬ。もうこのまま突っ走ってしまえ〜

DE料理キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

image009

すんごEボリュ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ム、かと思Eき(´・ω・`)やあっとなうに完食。

ビ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ル飲んDEこれだけ食べてオー一人ニャソ20ドルはリ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ズナブル。
image011

(つд⊂)ゴシゴシ 目がの、前はビ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!チDEまぢ神の、ロケ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ショソ。タイムゾ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ソDE遊んだ後はここに来るべし。オススメでつ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

おわり。

味:   ★★★★☆ 4
コスパ: ★★★★☆ 4
サービス:★★☆☆☆ 2
総合:  ★★★☆☆ 3.5

Greek Street Grill
Address: 4 The Esplanade Surfers Paradise, QLD 4217
Phone: (07) 5504 6474

このブログはフィクションです。実在の人物、団体などとは関係ありません。また、内容を一切保証するものではありません。

カテゴリー:uki uki 情報
2015年04月14日4:22 PM

オーストラリア人はハワイとカリフォルニアには移住しない!
広大な自然に囲まれたオーストラリアに居たら、外国に旅する必要は無いのではないか?
自らオーストラリアを出て、他の国へと移住する人がいるのかな?と感じています。

私の10代後半から20代、毎年決まって2月、3月はオーストラリアでサーフィンのトレーニング、というのが恒例となっていました。
そこで感じたことは「なんて美しい国なんだ」ということ。
「その土地に住む」ということと「ホリデー」で訪れる、というのは全く感じ方が違います。

聞くところによると、オーストラリアは色々な制度が日本やアメリカと全く違い、素晴らしい面がたくさんあるようですね。 子供を育てるならオーストラリア、と聞いたこともあります。
世界中から色々な人種が集まるオーストラリアですが、あんなにも生活しやすいというのは奇跡のような感じがします。

私がなぜオーストラリアがすごい!と感じるかというと・・・
まず、私はサーフィンと同じくらい旅をするのが大好きです。
今までサーフィンを職業としているおかげで様々な国や地域に行くことができました。
しかし自分の中で、ひっかかっている事があります。
「旅をするのが好き、新しい場所を見たい、知りたい」というような思いは良いのですが、国内や海外に行く前に、まず自分の住んでいる四国でさえ、行った事がなく知らない場所が多いのです。
日本国内でも、沖縄から北海道までまだまだ知らない土地の方が多いのです。
もしそれを日本の約20倍の広さがあるオーストラリアに置き換えると・・・
とんでもないスケールに変わってしまいますね。
東西南北で全く違った顔を持ち、全てを知る事はできないほどの広大な自然がある。
一生かかってもオーストラリアの全てを知ることはできないのでは?と言っても過言ではない気がします。

私にとってオーストラリアが特別な国である理由の中の一つとしてこんなこともありました。 20代前半の頃、家族とキャンピングカーで旅をしたことです。
メルボルンから出発して、フィリップアイランド、グレートオーシャンロードを2週間ほどかけて周りました。
野生のペンギン、コアラ、ハリネズミ、カンガルー、ワラビー・・・
広大な自然とどこまでも気持ちの良い空気。夕焼けと星空。
自分が死ぬ時にはこの時の出来事が頭に浮かぶと思います。
まさに走馬灯のように蘇る記憶であることでしょう。
それくらい若かった私にとって衝撃的で感動的な素晴らしい時間でした。
もう一度家族で旅行に行けるならば、オーストラリアに行きたいと思います。

また別の時に試合で行ったウェスタンオーストラリアは、殺伐としたワイルド感ある土地でした。
人を寄せ付けないパワー溢れる海に、私は圧倒されていました。
またそれがこの国の虜になる一つの理由となりました。
私にとってのオーストラリアは、思い出でがたくさん詰まった場所であり、いつ行っても穏やかに迎え入れてくれる国ですね。

オーストラリアの素晴らしさがいつまでも続いていくことを心から願います。

プロフィール
Kaori Mayaguchi
間屋口 香
四国・徳島県
20歳でJPSAプロツアーチャンピオンとなり、計3回のツアーチャンピオンとなる。
WQS2008年ランキング23位。
現在は国内外の様々なスポットに出向いて、フリーサーフィンをメインに活動。徳島県海部郡でPavilion Surfでは、キッズ無料サーフレッスンや、SUPクルーズのツアーも行っている。

 

Kaori Mayaguchi

カテゴリー:uki uki 情報
2015年02月27日9:33 PM

みなさま明けましておめでとうございます。

今年もゴールドコースト日本人会一同どうぞよろしくお願い致します。
ところでみなさんは今年の抱負は決めましたか?

ちなみに私はこんな目標を立ててみましたよ~。

  • Facebookを見る暇があったら英単語のひとつでも覚える。
  • ブログを書く暇があったら英単語のひとつでも覚える。
  • コーヒーは1日1杯でやめる。
  • お酒は飲み会以外では飲まない。
  • 毎日サーフィンをする。
  • 怒らない。

こうして見返すとなんともまぁ~志が低い目標だこと。

で、1月20日現在どうなってるかというと…

  • Facebook…毎日見てます(汗)。
  • ブログは~…今書いてます(汗)。
  • コーヒーはやはり渋い大人を演出する上での必須アイテムなので1杯じゃ足りない。てことで目標から除外。
  • お酒は慣れれば意外と飲まなくても大丈夫なもんですね~。
  • サーフィンは毎日どころか1日2回以上行くときもあるので達成率120%!
  • そして、最後の怒らない。自分でもビックリするほど丸くなりました。因みに今年40歳になります。

昨年同様、なんとも緊張感のない中年のオヂさんですが、大学院卒業を目指して頑張ろうと思います。

あ、また文字数が多すぎてGC日本人会事務のN子さんを悩ましてしまうので余談はこの辺で。

で、このウキウキグルメ探訪 in GC、今回で第3回目となりますが前回までは酒を飲みながらブログを書いていたため、なんとも怪しい小説タッチになっておりました。

妻からも、これって結局アンタの独りよがりだからやめたほうがいいとのお叱りも受け、私の自尊心はズタボロになっております。

しかも今年の抱負に酒を飲まないという目標設定をしてしまったため、ネタが浮かばないという悪循環。

なので今回はシンプルに情報のみをご紹介していきますね!
さぁ、今回お邪魔したお店はロビーナにある中東料理の「TABOON」

私の勝手なイメージでは『中東=暑っ苦しい』イメージがあったのですが、お店の雰囲気はなんとも開放的で爽やか。

キッチン内には大きな釜があり、ガラス越しに外からも見ることができるという凝った作りになっています。

image001

image003

image005

この日はおそらく35度はあったであろう猛暑。

そのためビールはさぞかし美味しいだろうなぁと内心思っていましたが40歳ともなればそこは場の雰囲気を読んで最もエレガントな振る舞いができるお年頃。

いつものように私の横に座っていたK姉さんに『今日はスッキリとした飲み口の白ワインをドゥッカとともに』とダメもとで提案したところ

『今日は何でも好きなもの頼んでいいわよ』と。

ま、まさかK姉さん、ツンデレ?

私の中では今日本に一時帰国中のS子さんこそが真のツンデレと踏んでいただけに動揺が隠せず、思わず『そんな、僕のことは気にせずK姉さんの好きなの頼んでくださいよ~』などと気の抜けた受け答えをしてしまった。

いずれにせよ、今週末にGC日本人会の新年会があるので、その時に再度このツンデレ疑惑を確認することとする。
とまぁ、若干のすったもんだがありつつも、ウエイトレスのお姉さんから親切かつ適切なアドバイスを受けて注文は完了。

私と言えば、若干どさくさに紛れつつも当初希望していた白ワインとドゥッカの発注に成功。

なんとも優雅な昼下がりを演出してみました。

image007

Dukkah, Olive Oil & Pomegranate Molasses $9
Mummus & Mushroom $13.90

image009

Garlic Prawns, Hummus Roasted Vegetables & Shallots $21.50

image011

image013

Mixed Plate for 2 $48.50
どれもこれもとても美味しかった~

見た目はスパイスがかなり効いてるかなと思わせつつも意外とあっさりとした味付け。

かといって味の緩急はしっかりとしており食べる者を飽きさせません。
で、実は個人的にみなさんにオススメなのは食後のコーヒー。

なんとも不思議な入れ物に入れられて登場。

嫌が応にも期待で胸が高まります。

image015

image017

お店のお姉さんからは中のコーヒーの粉が底に落ちたら、ゆっくりと注いでねと言われ、待つこと数分。

焦る気持ちを抑えつつも、また期待を裏切られたらどうしようという、俗に言う『酸っぱいコーヒートラウマ症候群』の初期症状が動揺を助長する。

初期症状である手の震えを抑えつつなんとかグラスに注ぐことができた。

う、美しい…

中東の美女の深くてエキゾチックな瞳を連想させる漆黒のダークブラック。

あまりの美しさに思わずため息が漏れる。

しかし、その魅力に引き込まれつつも、いや騙されるものかという心の葛藤が胸を締め付ける。

以前、酸っぱいコーヒートラウマ症候群の現場を目の前で見ていたN会長の心配そうな表情を見つめながら恐る恐る一口すする。

その瞬間、酸っぱいコーヒートラウマ症候群の症状が嘘のように消え、身体中から幸せホルモンが分泌されるのがわかった。

『あ~うまい~』

思わずため息とともに気の抜けた声を出してしまった。
甘さの中に、意志の強さと優しさを兼ね備えたこの魔法の飲み物。

誇り高く、そして全てを優しく包む女神のような包容力。

僭越ながらこの飲み物を『Middle Eastの漆黒の瞳』と名付けるとともに、是非みなさんにも一度『酸っぱいコーヒー』を飲んでいただいた後にここに来て実感していただきたい。

Taboonオススメです!

TABOON
Address: Easy T Centre, 514 Christine Ave. Robina, 4226 QLD
Phone: 07-5562-5005

味: ★★★★★ 4.5
コスパ: ★★★☆☆3
サービス:★★★★☆ 4
総合: ★★★★☆ 4

カテゴリー:uki uki 情報
2015年01月21日9:06 AM

成田発ゴールドコースト行きジェットスターJQ12便から一歩外に出ると、じっとりとした重い空気が寝不足の頭にこたえる。

 

まだぼんやりとした意識の中手荷物を受け取り、コアラの着ぐるみに出迎えを受けつつ駐車場へと向かった。

image001

途中、随分とガソリンが安くなっているのに気付き、いつものGSへとハンドルを切る。

 

そしてまた、空腹に飲みたくもないコーヒーを無理やり口に流し込みながら南へと車を走らせる。

 

「やれやれ」

 

いくら仕事とはいえウキウキの取材のために日本から帰ってくるなんて…

 

 

そもそもウキウキの記事を担当するのは最初の一回きりのハズだった。

 

それが理事のみんなから「Kさんの記事良かったよ〜!」「さすがブロガー!」などと立て続けの誉め殺しにあい、

 

そんなことを何度も何度も刷り込まれるうちに、いつの間にか自らも「ウキウキ担当のKです!」などと自己紹介するまでになってしまった。

 

さらに、周りからも「ウキウキ担当大臣」などと呼ばれる始末。

 

前回名前で呼ばれたのはいつだっただろう?

 

今考えると、GC日本人会屈指の毒舌で知られるS子さんのムチに打たれ続け、さらに今回の誉め殺しによるアメとムチとの巧みなコンビネーションによって判断回路がショートしてしまったのだろう。

 

これはいわゆる、警察の取り調べの時に使われる

 

「お前がやったんんだろ〜!いい加減すべて吐いちまえよ!」

「カツ丼くうか?」

「はい。私がやりました。」

 

の手法に酷似している。

 

そんなことを考えているうちに家に着き、我が家を見て唖然とした。

 

庭がジャングル化している…

 

3週間という時間でこんなにも草が伸びるものなのか。

 

そう思った瞬間、現実に引き戻された。

 

——–回想シーン終わり。

 

 

 

というわけで、ウキウキ担当のK日本より帰還致しました〜!

 

さぁ、今回も張り切って行きますよ〜!

 

第2回GCウキウキグルメ探訪はこちら。

 

THE CUBAN

image003

ここで気付かれた方はウキウキ通!

 

なんと!まさかの前回取材したババリアンの通りを挟んだ真向かい。

 

「手抜きかよ」そう思ったあなた。

 

失礼ながら青二才と呼ばせていただきます。

 

GC日本人会は一切の妥協を許さない集団です。

 

そして、一度気になった店はしらみつぶしに練り歩く。

 

その地道さがいつの日か真の名店にたどり着くことを知っているのです。

 

その崇高なるポリシーがまたこの地へと足を運ばせたことをご理解いただきたい。

 

 

店内はこんな感じ。

image005

image007

image009

ラテンアメリカ唯一の社会主義国家。

 

「カリブ海に浮かぶ赤い島」の名にふさわしく、ウキウキとした陽気に包まれつつ重厚感のある趣になっています。

 

 

まずは恒例のビールで乾杯!

image011

私は嘘がつけない性分なので正直に言います。

 

ビールはかなりライトです。水みたいです。

 

逆を返すとバドワイザー好きにはたまらない一品かと。

 

濃厚なビールを飲みたいという方は、まずは向かいのババリアンで一杯やってから来るという手をお勧めします。

 

 

さて今回の料理の注文は、スペイン料理同様タパスと呼ばれるオントレからとメインからを数品チョイスしてみました。

image013

image015

毎度のごとく何を注文するかで悩んでいるみなさんを横目に見つつ、私的にはすでに心は決まっていました。

 

「ナチョスを薄っすいビールで流し込む。」

 

そんな幸せの法則をわかっていただける読者の方も多いのではないでしょうか?

 

で、左隣に座っていたK姉さんが「何がいい?」と聞くので、遠慮がちではあるもののなんの迷いもなく「ナチョスいいですか?」と呟く。

 

しかし、次の瞬間

 

「え〜、却下。」

 

実は私は右耳が難聴なのですが、左耳も難聴になったのかと文字通り耳を疑ってしまった。

 

そして、前回の「スモークリブ事件」が脳裏をよぎった。

 

「やれやれ」(村上春樹風に)

 

 

 

で、今回注文した料理はこちら!

image017
キューバンアンティペスト $13

image019
ビーフチーク $25

image021
パエリヤ $35

image023
サンティアゴチキンプレート $35

image025
モヒートチキン $29

image027
カラマリ $18

image029
ポークベリー $19

 

料理はすべてしっかりとした味付けでとっても美味しかったです!

 

が、育ち盛りの我々には量が少ない、の割にちょっとお高め〜

 

昼から一人50ドル越えは正直キツイっす。

 

食事をガッツリというよりは、お酒のおつまみ程度にという方には最適だと思います。ご興味のある方は是非お試しを〜!

 

味: ★★★★☆ 4
コスパ: ★★☆☆☆ 1.5
サービス: ★★★★☆ 4
総合: ★★★☆☆ 3

 

THE CUBAN

Address: Cnr Surf Parade & Elizabeth Ave, The Oracle, Broadbeach QLD

Phone: (07) 5526 9769

 

このブログはフィクションです。実在の人物、団体などとは関係ありません。また、内容を一切保証するものではありません。

 

 

 

〜おまけ〜

 

お店を出た後、どこかでコーヒーでも飲んでこうかということになり、周りを見渡せど目新しいカフェがなくウロウロしていると…

 

ある看板が目に入った。

 

「No Name Lane」

 

そう、前回行ってGC日本人会前会長M氏に「なにこれ、すっぱ〜」と言わしめたあの店である。

 

そんなことを思い出してるうちにある考えが頭をよぎった。

 

「あの時はきっと失敗だったんだ。」

 

誰にでも間違いはある。我々はそんな失敗を許し、そして再度チャンスを与える度量を兼ね備えている。

 

冒頭でも言った通り、我々は一切の妥協を許さない集団である。

 

なんの躊躇もなくNo Name Lane へと向かった。

image031

相変わらずレジのお姉さんの愛想はない。

 

しかし、職人とは往々にして無愛想なものである。

 

 

しばらくして一杯のロングブラックがテーブルに置かれた。

image033

 

今までこれほどまでにコーヒーと向き合ったことがあっただろうか?

 

見つめ合ったまましばらくの間沈黙が続いた。

 

一瞬でも先に気を抜いた方がやられる。

 

まさに現代の居合道とでもいうべき緊張感。

 

そして、私はコーヒカップからあがる湯気が一瞬揺らいだその瞬間を見逃さなかった。

 

大胆にカップに手をかけ、最短ルートで一気に口に運ぶ。

 

ゴクっと音を立てると同時にみんなの喉仏も上下する。

 

そして心の中でこう呟いた。

 

「やれやれ」

 

 

 

おしまい。

カテゴリー:uki uki 情報
2014年12月22日7:53 PM

さぁ、今回から始まりました『ウキウキグルメ探訪inゴールドコースト』。

GC日本人会理事がゴールトコーストに無数にあるレストランやカフェを練り歩き(もちろん自腹ですよ〜)、そして実際に行って食して感じたことを素直に皆様にフィードバックしようという新企画です。

お店選びのコンセプトとしては、マルチカルチュラルな街として知られるゴールドコーストということを考慮し、なるべく日本人が行かないようなお店を中心として皆様にご紹介していこうと考えています。

そして、記念すべき第一回はブロードビーチにある『Bavarian Bier Café』。この他にも2つほど候補があったのですが、日本人会理事による厳選なる多数決でこのお店に決まりました。

私個人としてはやったぜ〜!という感じで、文字通りウキウキで現地に向かいました。

実はお店のウェブサイトを一目見てから既に心はBavarianに決まっていました。

で、そのウェブサイトのトップページがこちら。

image002

『スモークリブ始めました』って…
例えるならラーメン屋さんが夏に『冷やし中華はじめました』と同じくらいのインパクト!日本人ならわかっていただけますよね!?

そして、自他共に認める肉好きの私としてはこのシンプルかつパワフルなキャッチコピーに一瞬にして釘づけになってしまったのです!

前置きが長い?

では早速お店の紹介に移りましょう!

日頃の行いが良いのか、この日はご覧の通り。

既に死語であるピーカンという言葉がぴったりのウキウキ日和。

image004

お店の中は天井の高いお洒落なバーカウンターになっていて、お店の外に並べられたテーブル席と風除けのビニールシートに囲われたテーブル席とで開放感のある作りになっています。

お!さっそく例のキャッチコピーが書かれたメニューを発見!嫌が応にも胸が高鳴ります。

image006

でも、私も二人の娘を持つ大人として、いきなり『スモークリブ一丁!』などと野暮なことは言いませんよ。

『まずはせっかくなのでみんなで乾杯しましょう!』と一緒に行った理事の方たちとの協調性を保つことも忘れません。

ここはVavarianという名の通りドイツ料理のお店です。

ドイツと言えばビール。

ただし、日本の居酒屋さんのように『生いっちょう〜!』などと言ってはいけません。

渋い大人を演出したいあなた。迷わず『Dark Lager』を注文してください。

で、これが『渋い大人の飲み物』Dark Lager。

泡がきめ細かくて美味しそうでしょ〜

image008

みんなの飲み物が揃ったところで、カンパーイ!

image010

それではしばしご 歓談を。

image012

ひとしきりドイツの芳醇な地ビールを楽しんだ後、『お腹もすいてきたし、そろそろ何か食べ物注文しましょうか』と切り出す。

そして、『何か』ってなんだよ!例のブツに決まってるだろ!しらじらし〜などという心の叫びを決して悟られることのないよう慎重かつ自然にウェイトレスのおねえさんを呼ぶ。

さぁ、いよいよ自分の注文の番がやってきた。

すこし声がうわずりながらも平静を装いながら『スモークリブのハーフ1つください』。

しかし次の瞬間、おねえさんの表情が一瞬曇ったのを見逃さなかった。

と同時に冷や汗が吹き出し心拍数が上がるのがわかる。

『申し訳ないんだけどもう売り切れちゃったの〜ごめんね』

何が起こったのか理解するのに数秒を要した。

その後の記憶は定かではないが、もう一杯Dark Lagerを注文したことは覚えている。

とまぁ、寸劇はこのくらいにしておきましょう。

スモークリブの悪夢から立ち直るべく、色々注文しましたよ〜

image014

SALT & PEPPER SQUID $19

image016

FRANKFURTERS $19

image018

GERMAN SAUSAGE MIX $27

image020

MUNICH BREWERS PLATTER $36

image022

BAVARIAN TASTING PLATTER $30

みんなで料理を取り分けるの図。

こういった何気ない作業にもGC日本人会理事の結束の強さが伺えます。

それにしてもたのみすぎ?

image024

総評としましては、ビールが最高!料理に関しては私個人的には好きな味付けではありましたが、やはりビールのつまみ的なお味で少々塩気が多かったように思います。

しかしながら、大人数でビール片手にワイワイ話しながらみんなでシェアして食べるのには最適です。

天気のいい日に気心の知れた仲間とこのお店に来ればウキウキ間違いなし!

是非お試しを!

〜おまけ〜

Vavarianのすぐ目の前に『No Name Lane』というコーヒー屋さんがあったので帰りに寄ってみました。

聞くところによるとコーヒー通の間ではかなり有名なお店とのこと。

image026

味にこだわる男はいつも決まってロングブラック。

image028

小さめのカップを口元に寄せ一口すすると、明らかに今まで飲んだそれとは異なる風味が口の中に広がる。

これがコーヒー通をも唸らせる酸味か〜と感心している傍、横に座っていた前会長のM氏の一言。

『なにこれ!酸っぱ〜!』

そのあまりに屈託のないストレートな表現に、さすがツワモノ揃いのGC日本人会理事を束ねてこられたお方は一味違うな〜と感心するのであった。

おしまい。

 

 

<今回お邪魔したお店>

BAVARIAN BIER CAFÉ
Address: 2 Oracle Boulevard, Broadbeach QLD 4218
Phone: (07) 5512 0555

NO NAME LANE
EAddress: Elizabeth Ave, Broadbeach, QLD 4218
Phone: (07) 5538 5221

カテゴリー:uki uki 情報
2014年11月13日11:14 AM

州の教育庁のお知らせです。
null

カテゴリー:uki uki 情報
2012年09月18日12:10 AM

ゴールドコーストは釣人にも最高の土地。鯵、鰹、鮪、GT、ダーツ、鱚・・・
今日は、釣り同好会の会長から釣りたての鯵を頂きました。鯵は一人20匹までしか釣ってはいけない事になっています。
20120512-IMG_1070.JPG
今日はこれでお刺身にして一杯。
たまりませんな。

カテゴリー:uki uki 情報
2012年05月12日4:34 PM